暮らしのsatellitepage

東京郊外でのささやかな日常生活


近所ではコスモスを見なくなった

地元では国営公園の昭和記念公園は別として、まとまったコスモスがある公園や街路というものが少なくなった。
タネが散って広がった空き地も、今年は整地されて住宅が建ち消えました。

コスモスは広い空間で映えるものなので、近所の狭い花壇や庭先では維持するのが難しいのかもしれないですね。
ハナミズキの紅葉が散ってしまい、ようやくケヤキなどが色づいてきました。

近所はモクレン、梅、桜が多く、春を感じるものは多いのですが、意外と秋を感じる木々が少ないです。
最も多いのが柿です。そして小学校の敷地には、どんぐりの木があり、どんぐり、シイなどの実が落ちています。

広告