暮らしのsatellitepage

東京郊外でのささやかな日常生活


近所ではコスモスを見なくなった

地元では国営公園の昭和記念公園は別として、まとまったコスモスがある公園や街路というものが少なくなった。
タネが散って広がった空き地も、今年は整地されて住宅が建ち消えました。

コスモスは広い空間で映えるものなので、近所の狭い花壇や庭先では維持するのが難しいのかもしれないですね。
ハナミズキの紅葉が散ってしまい、ようやくケヤキなどが色づいてきました。

近所はモクレン、梅、桜が多く、春を感じるものは多いのですが、意外と秋を感じる木々が少ないです。
最も多いのが柿です。そして小学校の敷地には、どんぐりの木があり、どんぐり、シイなどの実が落ちています。

広告


PCの壁紙(背景)を見ながら

仕事用のPCの壁紙を桜の背景に変えました。(昨年撮影した写真)
*安物のデジカメでPCを撮影したものを切り取ったのですが、写りが良くない。

いつも使用していたファインダー付のデジカメが壊れてしまい、急きょ安いデジカメを買ったのですが、クリアな写真は撮れませんね。解像度は古いカメラよりも高いはずなんですが。

最近、仕事などが調子がよくないので、気分転換にPCの壁紙を交換してみました。今年も桜を撮影に行く予定です。


暦の上では春ですが

東京は1月下旬から2月にかけて雪が降ることが多く、12月よりも新年を迎えてからのほうが本格的な冬と言えるかもしれません。
ですが、あと1か月くらいで梅の花も咲き始め、春を感じることができるでしょう。

先週、知人看護師が研修で連れていた看護大学の3年生女子は、室内で半袖で居ました。年の差を感じましたね(笑)。冬が苦手な私も学生のころは確かに室内では薄着でした。
満員電車のエアコンが苦手で汗をかきながら、大学に通ったことを想い出しました。

あと1か月ちょっとで春です。


2016年もあと僅か

2016年も10日を切りました。仕事ベースではあと5日間(正味3日間)。今年も色々なことがありましたが、未来志向で来年に向けてつなげていきたいと思います。

まずはクリスマスから年末大晦日への移り変わりの季節を楽しみたい。
20161222